いろいろな 彫り

切りまわし 

木版画彫り

印刀を使って色版の形や線を切り出します。 このとき、刃の表刃が残す版の側に向いていることです。(浮世絵の彫りはこのかぎりではありません。)

 

 これを逆に使うと、刃は版の内側に潜り込み、版の縁が弱くなり、刷りのときに欠けたり、絵の具が溜まりやすくなるのきれいな刷りができなくなります。

 

 また、刷りのときに色版と色版は僅かに重なり合わないといけません。隣り合う色版との間に隙間を作らないように、転写した線の外側 (不要箇所側、さらってしまうほう) に印刀を入れます。

 

刀表刃

表刃

刀裏刃

裏刃


良い彫り

良い彫り

(^^)/


悪い彫り

悪い彫り(>_<)


薬研彫り

木版画彫り

見当も含めて、全体の切りまわしが終わったら、必要な色版面と不要箇所の間に溝をつくります。 印刀を少し傾けて切りまわしと逆の方向に刀を入れます。.すると、V字に切ったところはめくれあがり簡単に溝ができます。

 ( 画像は木版画入門講座 DVD VIDEO 独楽 より )

 

きわ彫り

次に、丸刀を使って、切り出した版面のきわを台形の斜面をつくるように彫ります。(上図のよい彫りを参照ください)


さらい 不必要な部分をさらいましょう!

木版画彫り

不要箇所を丸刀でさらいましょう。 そして、全体をさらったら 平刀(浅丸でもOKです)で さらった部分を滑らかにしておきましょう。 a の版はつけ合わせぼかしを刷るので 刷毛の動きが一定方向です、かなり広くさらいます。


 

 

 

刷りのときに、バレンは版面以外のところにも圧力をかけてしまいます。 さらった外側の縁にもバレンの圧力がかかります。 縁が滑らかでないと和紙に型がついてしまいます。 平刀で滑らかにしておきましょう。 また、サンドペーパーをかけてもいいです。

 

 

これで、a の色版の出来上がりです。 この要領で全ての色版を彫ります。 画像の右手に歯ブラシが見えますが、木屑等を取り除くのに便利です。

 

 

 

 


Copyright(C) 2006 Taira kou All rights reserved