浮世絵摺り体験WSの開催につきまして

浮世絵摺り体験WSは、江戸時代後期「見当」によって多色摺りが可能になり花開いた浮世絵。

その摺りを通して 多色摺り木版画の仕組み、版の彫りの緻密さ、その時代の道具や材料、手ぬぐいを使った片ボカシ「拭きぼかし」など、世界に影響を与えた日本の浮世絵文化と その技法を学び、体験し、 自身が摺り師となり摺り上げた作品を享受ことのできる貴重なWSです。

 

浮世絵摺り体験WSは、さまざまな形態、条件に柔軟に対応させていただき、

美術館、ギャラリー、小中学校、国際交流の場 などで企画いただいております。

詳細につきましては、お気軽にお問合せくださいませ。

 


Copyright(C) 2006 Taira kou All rights reserved